詩| nameless


更新履歴...
2016.02.15 [06~09]


2016.02.15
/09

裂く感触に後悔して
握ったナイフを振り落としても
心に染み付いた嫌悪は
手に絡まり付く不快感として残った

どこかで掛け違えた心は苛立ちは
歯止めをかける事ができなくなって
咄嗟の出来事に言葉を選べず私は
その身体ごと君を突き刺した

付着した感触に後悔して
飛び散った涙を拭っても
心を蝕んだ憎悪は
顔に纏わり付く不快感として残った

けれど苛立ちが払拭されて
心が晴れた気がした
いつか訪れる罪悪感に
無関心になる日はそう遠くない

2016.02.15
/08

噛み付いた肌に刺さる犬歯を
拒む弾力の強さが堪らなくて
口内に広がっていく血の味の
舌に滲み込む甘さが堪らなくて

貪りつくしてしまいたい

骨の髄まで堪能したら
満足できると思うから

もっと君を下さい

僕の血になって肉になって
君を僕の一部にしてしまいたい

ずっと、ずっと一緒に

2016.02.15
/07

無くなりはしない悲しみも
褪せる事のない記憶も
新しい命へ託す希望に
忘れてはいけない無念の声を
歴史に刻み、祈りを捧げ
魂は天へ昇り身体は土に還ろうとも
想いは永遠に私達の心に留まる

絶望に飲み込まれても
逆境に打ちのめされても
希望は生きている限り何度も蘇る
今は亡き思い出の日々が
闇に光を射すように
未来を諦めない私達に強く生きる術を伝え
闇を纏った未来が光明に輝き始める

2016.02.15
/06

愛は繰り返し生まれ変わって
私も繰り返し生まれ変わって
貴方に染まり昨日とは違う私になるの

何の為に私はいるのか
貴方を愛するために私はいるの
何の為に私は変わるのか
貴方に愛されるために私は変わるの

愛は何遍も形態を変えて
私も何遍も仕様を変えて
貴方に染まり昨日とは違う私が生まれる

2016.02.10
/05

沢山の目に好奇は多数
嗅覚敏い獲物を捉え
悪意なき善意を振り回して
抉る傷から垂れる蜜を啜る

2016.02.10
/04

とても窮屈なこの場所は
堅苦しくて息がつまる
僕を変人と呼んだ他人は
白けた目つきで
ヒソヒソと耳打ちしてる

同じじゃなきゃ僕は死んじゃうの?

2016.02.10
/03

末期の自覚症状を傷口に擦り込めば
防衛反応は過敏に反応してく
わざとらしさがあざとく映えれば
これっぽっちも我慢できない
嫌らしい人間だと分かっていても
これっぽっちも我慢できない

どこかに行くからあっちにいって

2016.02.10
/02

此処は地獄町一丁目
悪夢に詰められて
真夜中に眠りを献上する毎日です
良いことないかな、なんて
地獄仲間と酒を酌み交わし
強制労働と拷問に耐える日々なのです
絶望に塗り上げられた此処は
天国と隣り合わせの地獄町一丁目

2016.02.10
/01

君は裏切るのが上手だ
華麗な手のひら返し
見事なまでに完璧すぎて
感嘆の息しか出ない
可愛い顔してえげつないね
まんまと謀られた僕は
飽きて捨てられる玩具みたい