「no title」

その他大勢の中の一人、君にとっての私
サインを送っても紛れ込んで消えていくの
その他大勢の中の特別、私のとっての君
サインがくれば直ぐさまに此処に届くの

いつまでたっても届かない言葉は
いつまでたっても君からの返事を

ずっと、待っている

  Writing by:とうこ / 2013年01月21日

prev TOP next