詩| 2007:全96篇


ある女と男 疑い深い君 最期の優しさ 捨てていく希望 二番目 翻弄 12月20日 在る心 密やかな恋 脆さとは

役者 弔いの唄 時雨 おやすみなさい 終わりを告げた恋 止まらぬ涙 貴方は思い出 渇望と捨想 憎愛

圧倒 処女 刹那 光になった 生活の一部 お人好しな君 隙間 残像

一人よがり 金木犀 緊張 空気みたいな存在 key man 一人より二人 彷徨い続ける 理想と現実と大人 果てしない

疑いなき愛 水滴 SOS 高みへ 福音 それは君 一人遊び 優心 たくさん

天使 身勝手恋愛 それでも 乾心 君が一番 救いの神様 嗚咽 もろい絆 オアシス 人生設計

確かな不確かさ 滲む雨 言えない本音 love beat 愛しさはいつでも FLASHBACK この恋の中心 体温 時計の針

時間が経つその意味 ありがとう 泣くに泣けなく 永遠はいらないから 臆病者の僕 100分の○○ 君は太陽 魔法の手 笑わせる事は出来るのに モノクロの世界

嘘が真逆な真実 強く結びつけるモノ 必然以外の言葉はない 成長する気持ち また会いましょう 学ぶ事 何もなかった日なんて、ない 満ちる 後悔は先に立たない

君だけ。君しか。他は、ない コミュニケーション 君の欠片で 頭から指の先まで この想いは 恋焦がれる君の後ろ姿